お勧めの精力剤や比較!成分や効果を解説します!

 

精力剤は男性の製機能の増強を目的とした医薬品または健康食品の総称で、勃起力低下や精力減退だけではなく、早漏や遅漏の改善、性的興奮の喚起、セックス中の感度のアップなど幅広い効果が期待できます。
一言で精力剤といっても大きく分けると、強精剤・強壮剤・勃起薬この3種類に分けることができます。

 

 

強精剤・強壮剤・勃起薬を比較

 

強精剤というのは男性ホルモンの分泌を活性化させる精力剤のことで、メチルテストステロンなどの男性ホルモンの生成に必要な成分や、男性ホルモンの分泌を促進する成分が配合されています。
男性ホルモンは、男性の性的な機能に大きな影響を与えるもので、精力低下や勃起不全など男性の性機能の低下はこの男性ホルモンの減少が原因で起こります。
強精剤は男性ホルモンに直接働きかけるため、ホルモン異常などの病気の治療などに用いられています。そのため精力をアップする目的ではあまり使われることはありませんし、副作用が大きい強精剤もありますから、使用する際は十分注意が必要です。

 

強壮剤は体全体の機能を活性化させて、精力をアップさせる精力剤のことで、ドリンクタイプ、サプリメントタイプ、漢方などが存在します。
強壮剤は体内機能を高めて精力をアップさせる効果があり、精力増大や性的興奮の増強、体力向上、疲労回復などの効果もあります。
強精剤とは異なり、アミノ酸成分や漢方がメインとなっていますから、副作用がほとんどないのが特徴となっています。通常のサプリメントとは異なり、精力アップやペニス増大、精力増強を目的としていますから、アルギニンやマカ、クラチャイダム、シトルリン、亜鉛といった成分が主成分となっています。

 

勃起薬はその名前の通りペニスの勃起を直接敵に促す精力剤で、強制的にペニスを勃起状態にしていきますから、気分の盛り上がりや性的興奮は関係ありません。
日本で認可されている勃起薬はバイアグラやレビトラ、シアリスで、ED治療薬として用いられています。
ただ気をつけないといけないことは、勃起薬はあくまでも一時的に強制的にペニスを勃起状態にするだけで、根本的に精力や精力をアップしたり、ペニス増大効果がある薬ではありません。
また副作用もありますから、使用する際には十分注意をする必要があります。

 

強精剤は男性ホルモンの分泌を活性化していきますから、加齢性性腺機能低下症候群の防止や血流改善による勃起力の向上、EDの改善、精力・性欲の増強効果、筋肉質なたくましい体つきへの体質改善といった効果が期待できます。
加齢性性腺機能低下症候群というのは、男性ホルモンの分泌量が低下することで生じる、男性の更年期障害のことです。
強精剤は、男性ホルモンの分泌を直接促進することができますから、性的な機能に絞った対策が可能となります。
強壮剤は総合的な体力向上や精力増大、勃起力アップが期待でき、ペニスの反応力アップや勃起の持続力アップ、硬く力強い勃起力、精子量の増大効果、ペニス増大効果、セックスの感度アップ、基礎体力の向上といった効果が期待できます。
強壮剤は、性的な機能向上に効果はありますが、速効性はありませんし、長期間飲み続けることで体質を改善していきますから、最低でも1〜2ヶ月程度は摂取する必要があります。

 

勃起薬は勃起させることに特化した薬で、精神的な問題で勃起ができない心因性のEDや、加齢によるEDでも効果を発揮してくれます。
勃起薬は性欲アップやペニス増大、精力増大といった効果はなく、体質が改善されることもありませんから、セックスを行う30分〜1時間前には服用する必要があります。
とにかく確実に勃起を起こしたいという場合には、勃起薬を服用するとよいでしょう。